50代でもマンションを購入できる?
50代ならではのメリットとデメリットをご紹介
フリーシア不動産
契約関連
Check!
50代でマンションを購入することのメリットや、気を付けたいポイントをご紹介!
Point
1

50代でマンションを購入するメリットとは

まず、50代になってからマンションを購入することのメリットについて考えていきましょう。
50代というと、一般的に子育ても終盤に近付いてきている時期。
今後かかる費用のめどが立ちやすいタイミングです。
この頃になるとお子さんの進学や就職などの進路もほぼ確定し、将来的に何人で住むことになるのかも明確になってきます。
物件を検討する際にも具体的なイメージが浮かびやすいですよね。
そのため、30代の頃よりそれぞれの目的に合った物件選びをすることができます。
必要最低限の部屋数でコンパクトな物件を購入すれば、購入価格を抑えることもできますよ。

Point
2

50代のマンション購入にはどんなリスクやデメリットがある?

しかし、メリットばかりでなくデメリットも存在します。
一番大きな問題は、やはり資金に関すること。
50代でも住宅ローンを組むことはできますが、利用額は最小限に抑えましょう。
一般的なサラリーマンの方は、定年を迎えると収入が大幅に減ってしまいます。
そのため、無計画に住宅ローンを利用すると、いま問題になっている「老後破産」に陥ってしまう可能性も。
老後の生活をしっかり想定し、予算には必ず余裕を持っておいてください。
理想は、頭金として購入価格の半分ほどを用意できていること。
さらに、返済に退職金を使わなくて済むのがベストです。
現役の間に繰り上げ返済をし、定年後の返済額をできるだけ減らす工夫をしましょう。
また、老後には老後で特有の出費があることも忘れてはいけません。
見落としがちなのは、子どもの結婚や孫の教育資金援助などで、まとまった金額が必要なケース。
さらに自身の医療費や、介護が必要になった場合のことも想定しておく必要があります。
老後の生活費なども含めて、定年後の収入でしっかり資金計画を立ててくださいね。
さらに、住宅ローンを利用するには健康状態の審査に通る必要があります。
つまり健康状態が芳しくない場合、住宅ローンを利用できない可能性もあるのです。
30代の頃よりは健康のリスクが高まっているため、これは50代でマンション購入するデメリットのひとつともいえます。

Point
3

まとめ

今回は、50代でマンションを購入する際のメリット・デメリットをお伝えしました。
人生で一番大きな買い物ともいえるので、安易な気持ちでローンを組むのはおすすめできません。
特に50代で購入するなら、老後の生活を具体的にイメージする必要があります。
充実した生活を送ることができるよう、ぜひしっかり計画を立ててくださいね。

お気軽にお電話でご連絡ください
0800-800-7133 0800-800-7133
受付時間:10:00~20:00
Access

東京都を中心に一都三県の中古物件を多数お取り扱いしています

概要

店舗名 フリーシア不動産
住所 東京都立川市錦町1丁目4-4 立川サニービル1階 
フリーダイヤル 0800-800-7133
営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休

アクセス

都内を中心に埼玉、千葉、神奈川を含む一都三県の不動産物件の売買を行っています。物件を新たに探されているお客様や、所有されている不動産の売却を検討されているお客様一人ひとりの不安に丁寧に寄り添い、満足いくお取引ができるようにお手伝いします。
特徴

中古マンションや一戸建ての物件をお探しのお客様へ

お得な物件を東京都内でお探しの場合はお任せください

駅の近くにある便利な物件や、内装リフォーム物件など、様々な種類の物件を紹介しております。新宿区で、「できるだけお得に家を探したい」とお考えのお客様は、いつでもご相談ください。半額から仲介手数料無料で、お客様に最適な住まいをご提案します。しつこい電話やチラシの投函などの勧誘も行わないので、安心してお任せください。仲介手数料0円のサービスに加えて、キャッシュバックのキャンペーンも行っております。引っ越しをする際は、引っ越し代はもちろん、新しい家具や家電を購入する際に、お金がかかります。少しでもお得に買い物をすることで、新しい生活を始めるための費用にしてほしいと考えています。お客様に物件のメリットやデメリットを伝えた上で、的確な提案をいたします。大手にはできない質の高いサービスを提供しますので、ご連絡をお待ちしております。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事